NSC Japan(グリンクロス) ERE Japan SEI Diving Japan

日本安全健康教育機構

JSHESとは?

 JSHESは、安全と健康に関する米国資格の認定を行う教育機構です。
現在、NSC, ASHI ,ECSI ,
SEI Divingの資格認定を行う団体で構成されています。



 各団体提供資格プログラムの一例
  
 *米国OSHA標準準拠

 
NSC
   BLS(CPR&AED),ファーストエイド

   ブラッドボーンパゾジェン
   First Responder
  
Scuba First Aid
 
ASHI
    BLS、酸素救急法、ペット救急法
  ECSI
    ウイルダネス救急法ペット救急法
    と災害対策

 
SEI Diving
    スクーバ安全対策プログラム
   (DRAM)

  * 詳細は各団体事務局へ 




BLS

O2救急法
 鳥インフルエンザ追跡

1997年、鳥インフルエンザH5N1の人への感染が最初に報告されたのはHongKong です。それ以来着実に人への感染が侵攻しています。
OSHAでは、2006、2007年に”Guidance onPreparing Workplace for an Influenza Pandemic”を出し、警戒しています。 日本の方が地域的に米国よりパンデミックになる時期は早い。対応策を作っておくべきです。 
発生件数 死亡数 死亡率
2003 4 4 100%
2004 46 32 69.6%
2005 98 43 43.9%
2006 115 79 68.7%
2007 88 59 67.0%
2008 44 33 75.0%
2009 73 32 43.8%
2010 48 24 50.0%
2011 62 34 54.8%
確実に、鳥インフルエンザは、人に感染し増加しています。
2007年には、ブレイクがありますがこれは、ウイルスの変異を待っているのかもしれません。不気味です。
豚インフルエンザは、弱毒性ですが、鳥インフルエンザは、強毒性です。

 NSCインフルエンザ対策プログラム        
  市民の安全と健康をまもる立場で、NSCのインフルエンザ対策プログラムを個人・学校・団体・企業に提案しています。
詳細は、NSC Japanまで。

 NSC インフルエンザ対策プログラム、
   2時間コース開催中です。。。NSC Japanまで


 企業のみでなく学校、地域社会も鳥インフルエンザ・パンデミックに注意を払う必要があるとおもいます。


ペット救急法国際指導員資格認定講座
   開催中です。。。JSHES.ECプログラムまで


 緊急警戒情報
米国では、2009年3月17日に CDCパンデミック・インフルエンザ演習が、NSCのメンバー企業が参加して行われました。イマージェンシー・アラート・システムが機能するかどうかの定期的なテストです。異常なしでした。これ以降、このシステムを使ってリアルタイムで会員企業にイマージェンシー・アラート情報が配信されていて、企業トップの安全管理政策に使われています。
NSC Japanも会員として参加しています。

現在の米国発緊急警戒レベル情報

  
 
 テキストの一例
 

血液および空気感染予防法
ペット救急法

DRAM
JSHESのスクーバ安全教育への取り組み     リーダーシップのための安全対策プログラム
 Jscubaの活動
Jscubaでは、CSDAと共にJSHESの安全健康理念の源泉であるダイバーの安全教育の実践を行っています。
 
 セイフティ・ダイバーのための情報  
Cebu 
ビスコンステーション病院での治療の現状

  
日本人のダイバーも良く訪れるCebu近海で、潜水病治療に尽力している私たちの仲間がいます。 この施設で、1989−2008年の20年間で213件の減圧病の治療を行ってきました。
残念なことに、
213件の事例のうち、日本人ダイバーが 26件で約12.2%で 、1人で4件ものDCSの事故を起こしている日本人ダイバーもいます。フィリピン人ダイバーは、66 件で約30%、約70%が外国人ダイバーです。
外国人ダイバーの約 1/6が日本人ダイバーです。
事故発生件数(治療件数) 20年間 
 Jscubaでは、CSDAと協力して、この施設の維持に協力しています。セイフティ・ダイバーは、Cebuの海の安全をバックアップしている人たちがいることを知ってます。
  
 ベイシック・チャンバー・コース
  (高圧再圧チャンバー・ベイシック)
 ・ US.Navy Diveマニュアル2008に基づく
   ベイシック・チャンバー・コースをビスコン
   ステーション病院(キャンプ・ラプラプ内)
   で行っています。
   
  このコースの参加費は、この施設に寄付され、
  この施設の維持に使われます。


   *フィリピンのダイバー緊急システム
   を参照



 

 NSCスクーバ・ファーストエイド
  脊椎損傷の恐れのある場合も含む
  スクーバ・ファーストエイド
    
 SEI Diving  
  ダイバー救助法と事故対策法



  捜索法と回収法



社会教育部 学校教育部 ECSI
Jscuba
特定商取引に関する法律に基づく表記